お知らせ
手のひらにある薬

経口避妊薬は日本ではピルと言う名前で知られています。
ピルは世界中の女性が服用しており、特に欧米では多くの女性が服用しています。
低用量ピルは医師の処方箋がないと一般の薬局では購入できません。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれます。
排卵を抑制する作用、に受精卵を着床しにくくする作用、精子を子宮に入りにくくする作用があります。
ピルを正しく服用することでコンドームよりほぼ確実に避妊することが可能です。
ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。21錠タイプは1日1錠を決められた順番どおりに服用していくもので、その後7日間は服用を停止します。
その7日間の間に生理のような出血が起こります。
7日の中止の後、また新しいピルシートを1日目から服用していきます。
28錠タイプは最後の7日間も服用しますが、最後の7日間はホルモンが入っていない偽薬となっています。
これは毎日同じ時間に飲む習慣をつけるために考えられたもので、偽薬は飲み忘れても影響はありません。
偽薬を飲んでいる間の期間(7日間)に出血が起こります。
ピルを飲む際の注意点は、毎日同じ時間に飲むということです。
そうしなければ体内のホルモンの濃度が一定に保てないために効果が期待できなくなります。
もし飲み忘れたら、24時間以上経過していなければ、その時点で飲めばOKです。
24時間を超えていれば服用を一回停止します。
停止してしばらくすると月経がきます。月経がくるまでは別の方法で避妊します。
月経が始まったら、新しいシートでピルの服用を再開します。
もし避妊が目的でないのであれば、飲み忘れて24時間以上経過していても気づいた時点で2回のみ次の日からいつもと同じ時間に飲めばOKです。

ピルは避妊以外の目的で服用することもあるので、目的に合わせた飲み方をするようにしましょう。
基本的には喫煙者、35歳以上、妊婦、脳血管・持病のある人は服用禁止です。
どうしても服用したい人は医師の診断が必要になります。